現在位置: トップ > YOLP公式ブログ > ニュース > 日本国内の住所階層データを取得できる「住所ディレクトリAPI」を公開しました

ここから本文です

日本国内の住所階層データを取得できる「住所ディレクトリAPI」を公開しました

[ニュース]  2012年8月9日
こんにちは、Yahoo! Open Local Platform (YOLP) の櫻井です。
本日、YOLPから「住所ディレクトリAPI」をリリースしました。

住所ディレクトリAPIとは、日本の住所の階層データを検索できるAPIです。たとえば東京都の住所コードで検索すると、足立区、荒川区などの下層のデータを簡単に検索できます。

住所ディレクトリAPIの使い方

住所ディレクトリAPIでは、住所コード(JIS X 0401)または国コード(ISO 3166-1 alpha-2)を指定することにより、日本の住所階層データを取得できます。
例えば、東京都で階層データを取得してみましょう。
リクエスト例
http://search.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/addressDirectory?ac=13&appid=<あなたのアプリケーションID>
<あなたのアプリケーションID>には、ご自身のアプリケーションIDを入れてください。
アプリケーションIDはこちらから取得できます。
レスポンスとしては、リクエストに対するレスポンスの件数、住所コードに対する住所階層データ、県庁または市役所・町村役場の緯度経度が出力されます。
上記のリクエスト例では、以下の通り、東京都の市区町村の一覧が出力されます。同様に住所コードを市区町村で指定すれば、さらに下層の住所データを取得できます。

住所ディレクトリAPIレスポンス例
さらに、頭文字と五十音で、下層の住所を抽出することもできます。東京都の「ま行」から始まる市町村のみを抽出してみましょう。

リクエスト例
http://search.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/addressDirectory?ac=13m&appid=<あなたのアプリケーションID>
東京都で「ま行」から始まるのは9市町村あって、その一覧を以下の通り取得できます。頭文字コードの指定方法については、こちらをご覧ください。

住所ディレクトリAPIレスポンス例

Yahoo!ロコ-地図での利用例

地図を見たい場合に、住所の文字列で検索する方法もありますが、都道府県から住所を下っていくほうがわかりやすくて簡単だという場合もあります。
住所ディレクトリAPIを使えば、このようなニーズに対応できる全国の都道府県一覧を簡単に実現することが可能になります。

具体的な住所ディレクトリAPIの利用例として、Yahoo!ロコ-地図を見てみましょう。

リクエスト例
http://search.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/addressDirectory?ac=JP&appid=<あなたのアプリケーションID>
住所ディレクトリAPI利用例

YOLPでは住所をキーワードとして検索し、緯度経度を返すYahoo!ジオコーダAPIや、指定した緯度経度の住所情報を取得するYahoo!リバースジオコーダAPIなど、住所に関するAPIをいくつか提供しています。本日リリースした住所ディレクトリAPIも住所を簡単に利用できるAPIです。今後も住所情報を簡単便利に利用いただけるAPIを充実していきますので、よろしくお願いいたします。

今後ともYOLPをよろしくお願いいたします。

Yahoo!地図アプリ iPhone版/Android版(無料)
Yahoo!地図ブログ
本文はここまでです このページの先頭へ