現在位置: トップ > YOLP公式ブログ > 地図 > 千葉県に大網白里市誕生!!元旦に町から市になりました - YOLP通信(2013/1/7発表)

ここから本文です

千葉県に大網白里市誕生!!元旦に町から市になりました - YOLP通信(2013/1/7発表)

[地図]  2013年1月7日
あけましておめでとうございます。
いつもYahoo! Open Local Platform(YOLP)をご利用いただき、ありがとうございます。YOLP公式ブログは今年も地図の更新情報やAPIのお知らせなどをみなさんにお届けしてまいります。

さて今年最初のブログは地図の更新情報、千葉県から市制施行の話題です。

山武郡大網白里町が市制施行(1月1日)

2013年、新しい年の幕開けとともに千葉県の山武郡大網白里町が市制施行し「大網白里市」が誕生しました。
大網白里市(外部リンク)

大網白里市周辺地図 (クリックすると地図にジャンプします)


今回市制施行した大網白里町は千葉県のほぼ中央、太平洋に面した漁業と農業の町です。近年は東京・千葉のベッドタウンとしても発展しており、市の代表駅の大網駅からJR総武線・京葉線への直通運転が行われ都心部への交通アクセスが向上したことなどにより人口が増加、市制施行の運びとなりました。

「組み合わせ」地名

大網白里町は、昭和29年に大網町・増穂村・白里町の2町1村が合併してできた町です。「大網」と「白里」を組み合わせて「大網白里町」という町名になったわけですが、このように「組み合わせ」でできた市町村名には、最近ではどんなものがあるのか調べてみました。

  • 横芝光町 : 横芝町+光町(千葉県)
  • いちき串木野市 : 市来町+串木野市(鹿児島県)
  • 山陽小野田市 : 山陽町+小野田市(山口県)

このように組み合わせて作られた市町村名や地名というのは意外と多くあるのですが、中でも興味深い由来を持っている地名「長野県南木曽町大字読書(よみかき)」をご紹介したいと思います。

長野県木曽郡南木曽町大字読書周辺地図


明治時代に、長野県の与川村(がわむら)・三留野村(どのむら)・柿其村(かきぞれむら)が合併。新村名を決める際にそれぞれの村名のよみの頭文字をとって「よみかき」、これに漢字を当てて「読書村(よみかきむら)」となりました。その後昭和36年に吾妻村・田立村と合併して南木曽町となり、現在は南木曽町内の一町名となっています。

本を読む読書とは無関係だけど「読書(よみかき)」とは興味深いですね。みなさんもこのような面白い地名の成り立ちをご存知でしたら、是非FacebookページTwitterアカウント宛までお寄せください。その他ご意見ご感想もおまちしております。
Facebookページへの
やTwitterアカウントの
RSSリーダーの登録もよろしくお願いします。
グーグルリーダーに登録  Subscribe with livedoor Reader  My Yahoo!に追加

~これまでのYOLP通信はこちら~
飛行機と夕日と温泉 琉球温泉瀬長島ホテル オープン - YOLP通信(2012/12/25発表)
あのアメリカンイーグルの国内最大店も! 池袋スクエアオープン - YOLP通信(2012/12/17発表)
北神エリアのお買い物が便利に 神戸三田プレミアム・アウトレット増床オープン - YOLP通信(2012/12/10発表)
Yahoo!地図アプリ iPhone版/Android版(無料)
Yahoo!地図ブログ
本文はここまでです このページの先頭へ