現在位置: トップ > YOLP公式ブログ > ニュース > 新しいYOLPカセットギャラリーをベータ公開しました!

ここから本文です

新しいYOLPカセットギャラリーをベータ公開しました!

[ニュース]  2013年2月1日
こんにちは。Yahoo!Open Local Platform(YOLP) の堤です。
このたびYOLPから新しいYOLP カセットギャラリーをベータ公開しましたのでご紹介します。

YOLPカセットギャラリーとは?

YOLPカセットギャラリーは、位置の情報を持つデータ(例えば施設データや場所のリストなど)を投稿することができるサービスです。さらにそのデータを使って手軽に地図サービスを開発することができます。

このたびベータ公開した新しいYOLPカセットギャラリーは、従来の機能を見直しより使いやすくシンプルにしました。
  • 従来のサイト全体を見直し、シンプルかつ機能的なデザインに変更しました。
  • 登録データが直接編集可能な表形式のテーブルビュー機能を追加しました。
  • カセット作成から公開までの工程を従来の7ステップから3ステップに短縮しました。


データを投稿してみよう

実際にデータをYOLPカセットギャラリーに投稿してみましょう。お城大好きのスタッフが「日本百名城カセット」を作って投稿してみることにしました。

  • カセットギャラリーのトップから新規作成をクリックし、新規テーブルビューを表示させます(Yahoo! Japan IDでのログインが必要です)。



  • まず地点を登録します。一つ一つ入力することもできますが、今回は100個もあるので別ファイル(csv形式)からインポートすることにしましょう。

    別途インポート用のcsvファイルを作成します。名称/緯度/経度/住所の列を作成します(データの1列目はID番号列としてあけておき、実データは2列目以降に入力します)。それぞれの列を埋めたリストを作成、csv形式で保存します。(タイトル行も忘れずに)



  • 新規テーブルビューのインポートのボタン(右上の矢印)をクリックします。



  • ここで先ほど作成したcsvファイルを指定してアップロードします。(アップロードされるまで1分ほどかかる場合があります)

  • マイページに今回作ったカセットが表示されました。この時点ではカセットの名称などがまだ入っていないので、設定しましょう。




  • カセットのタイトル部分をクリックすると、再びテーブルビューが表示されます。先ほどインポートした情報がリストで入っています。




  • 地図タブを押すと地図ビュー画面が表示されるので、お城が正しい位置を示しているか確認できます。



  • 設定タブでカセット情報入力画面になりますので、カセット名や説明文などを入れます。イメージ画像に自前の名古屋城の写真を入れてみました。

  • テーブルタブに戻り、問題なければ確定ボタンを押して投稿完了です!
    必ず確定ボタンを押して確定するようにしてください。



YOLPカセットギャラリーの公開ギャラリーに公開したい場合、デフォルトで「非公開」となっているボタンをクリックしてください。(ボタンが「公開」に変わります)公開するとウェブページに貼り付けたり、YOLPで提供されているAPIで利用できるようになります。

今回作成したカセットは公開してありますので、ご参照ください)

最後に

  • 詳細な利用方法はご利用ガイドをご参照ください。作成したカセットを使って地図サービスを開発する方法なども解説しています。
  • Yahoo! Open Local Platformのオフィシャルパートナーとしてお持ちのデータなどを公開していただける方は、こちらのお問い合わせフォームからお申し込みください。
  • 旧YOLPカセットギャラリーで作成したカセットの編集は旧YOLPカセットギャラリーをお使いください。


いかがでしたか。以前より手軽に投稿できるようになりましたので、これを機に新しいYOLPカセットギャラリーを是非ご活用ください!

YOLPへのご感想やご意見などはFacebookページTwitterアカウント宛に投稿ください。
Facebookページへの
やTwitterアカウントの
RSSリーダーの登録もよろしくお願いします。
グーグルリーダーに登録  Subscribe with livedoor Reader

おすすめの記事

Yahoo!地図アプリ iPhone版/Android版(無料)
Yahoo!地図ブログ
本文はここまでです このページの先頭へ