現在位置: トップ > YOLP公式ブログ > 地図 > 南ぬ島に飛び立とう!3月7日、新石垣空港開港 - YOLP通信(2013/3/4発表)

ここから本文です

南ぬ島に飛び立とう!3月7日、新石垣空港開港 - YOLP通信(2013/3/4発表)

[地図]  2013年3月4日
いつもYahoo! Open Local Platform(YOLP)をご利用いただき、ありがとうございます。地図編集チームの片川です。今週のYOLP通信は、開港間近の新石垣空港についてお届けします。

竹富島 赤瓦屋根の民宿



愛称は「南ぬ島(ぱいぬしま)」

3月7日、沖縄県石垣島に「新石垣空港」が開港します。

Yahoo!地図では、できるだけ現地で使われている愛称などを地図に採用するようにしています。
空港の名称を確認したところ、正式名称は「新石垣空港」、愛称は「南ぬ島(ぱいぬしま)」で、愛称には空港がつきませんとのことでした。
ちなみに「南ぬ島」とは沖縄の方言で「南の島」という意味です。

地図に採用するのに、「南ぬ島」だけでは何の施設だかわかりづらいなあ…と悩んでいたところ、同じく愛称に空港がつかない「中部国際空港(セントレア)」を思い出し、新石垣空港(南ぬ島)と表記することにしました。

新石垣空港周辺地図 (クリックすると地図にジャンプします)


ところが、つい先日オープンしたばかりの新石垣空港公式サイト(外部リンク)では、名称を「南ぬ島石垣空港」とされており…あれれ? 地図編集者の苦悩はもうちょっと続きそうです。


さようなら石垣空港、急発進急ブレーキも思い出に…

こちらは今現在の石垣空港の地図です。3月6日が最終営業日となり、新石垣空港が開港する3月7日には廃港となります。

石垣空港周辺地図


地図をご覧になってわかるように、新石垣空港と比べると小さいですね。

滑走路の長さは1500メートルと、ジェット機が定期便を就航させている空港では日本一短い滑走路の空港です。南には市街地、北にはフルスト原貝塚という遺跡があるため、石垣空港は滑走路の延長ができませんでした。

そのようなり理由から、滑走路が短い石垣空港でのジェット機の離着陸は急発進、急ブレーキ! 特に着陸時には逆噴射もかけるほどの急減速をおこなうため、しっかり体を支えていないと座席から滑り落ちそうになるほどでした。無事飛行機が降り立った時には拍手をしたい気持ちでいっぱいだったのを覚えています。

新しい空港が開港したら、そんなスリル?たっぷりの経験も良い思い出となるのでしょうね。


南の風を感じる、ゆる~いPRソングがあったかい

開港を目前に控え、石垣島ではただ今開港PR真っ最中です。沖縄県出身の歌手「BEGIN」と「きいやま商店」によるユニット「ビギやま商店」が、新石垣空港のPRソング「おかえり南ぬ島」という曲を発表しました。

昨年12月8日には、地元住民によるプロモーションビデオの撮影などもおこなわれ、そのプロモーションビデオは新石垣空港開港PRプロジェクトの公式サイト「石垣島が踊りだす。」(外部リンク)で見られます。
※プロモーションビデオは開港までは日々バージョンが入れ替わり、開港後に全てのバージョンが見られるようになるそうです。

八重山のゆる~い空気感がなんだかあったかい「おかえり南ぬ島」を聴いていると、石垣島に行って「おかえり~」って言って欲しくなりますよね。

石垣島北端 平久保崎灯台


新石垣空港が開港すると、各地からの直行便も増発するなど、石垣島への旅が格段に便利になります。

石垣島や周辺の離島からなる八重山諸島は、毎年3月の後半には海開きが行なわれ、観光シーズンに突入です。サンゴの道が美しい竹富島や、人より牛のほうが多い黒島、自然あふれる西表島など、さまざまな離島を楽しめますよ。

この機会に新石垣空港を利用して、八重山観光を楽しんでみてはいかがでしょうか? 


YOLPへのご感想やご意見などはFacebookページTwitterアカウント宛に投稿ください。
Facebookページへの
やTwitterアカウントの
RSSリーダーの登録もよろしくお願いします。
グーグルリーダーに登録  Subscribe with livedoor Reader  My Yahoo!に追加


~これまでのYOLP通信はこちら~
八景島に行ったら絶対はずせない新名所「うみファーム」オープン! - YOLP通信(2013/2/25発表)
コストコより一足お先に 「めんたいパークとこなめ」に行ってみた - YOLP通信(2013/2/18発表)
「うまスタ」と呼んでね、熊本「KKWING」スタジアムに命名権 - YOLP通信(2013/1/28発表)
Yahoo!地図アプリ iPhone版/Android版(無料)
Yahoo!地図ブログ
本文はここまでです このページの先頭へ