現在位置: トップ > YOLP公式ブログ > 地図 > YOLP紀行 早春の低山ハイキング ~ 三重県桑名編

ここから本文です

YOLP紀行 早春の低山ハイキング ~ 三重県桑名編

[地図]  2013年3月5日
いつもYahoo! Open Local Platform(YOLP)をご利用いただき、ありがとうございます。地図編集チームの近藤です。

3月になり少しずつ日差しが春めいてきましたね。今回はYOLP紀行低山ハイキングシリーズの第5弾として、展望抜群で楽に登れる養老山系の低山をご紹介します。

濃尾平野を一望に見渡せる低山

多度山(たどさん・たどやま) (三重県桑名市 403m
三重県北部と岐阜県南部に位置する養老山系東端の低山ですが、交通の便に恵まれ、また山麓に多度大社が鎮座しているので大社参拝とセットでハイキングが楽しめます。この山頂からはの眺めはとても感動的です。

多度山付近の地図(クリックすると地図にジャンプします)

(山行ルートは概略したものを表示しております)
近鉄桑名駅で養老鉄道に乗り換え多度駅で下車します。駅前通りを進み、橋を渡り左折します。多度豆を売る古い商家を見ながら1.5kmほど歩くと多度大社に着きますが、周辺は菜の花が咲いていてすでに春の気配が漂っています。多度山に登る前にここで参拝です。

多度山全景(山麓は菜の花が満開です)
b01

荘厳な雰囲気の多度大社
b01
多度大社は5世紀後半頃に社殿が建てられたのが始まりで、古くは多度山をご神体としていました。本社と別宮のある境内奥はたいへん荘厳な雰囲気です。参拝を終えたあとは、多度大社の東側を山に向かう車道があり、そこを登っていくと中腹の愛宕神社に着きます。

愛宕神社から登山道が始まる
b01
神社横から多度山への登りが始まります。付近一帯は「NTNこもれびの森」として森林整備されており、山道も手入れされた階段状でとても歩きやすくなっています。植林地をどんどん登っていくと、やがて展望の良い尾根上の5合目に出ますのでここでひと休み。その後は尾根道を登っていきます。

多度山への尾根道
b01

眺めの良い愛宕神社旧跡
b01
途中、右手に分岐した先にある展望の良い愛宕神社旧跡に立ち寄ります。神社跡の平坦地には手水鉢が残り、瓦の破片が散乱しています。
分岐まで戻りさらに10分ほど登ると電波中継塔に出て、少し下ったら山上公園です。この時期は訪れる人も無くひっそりした公園を横切り、右に山道を登ると多度山頂上に着きます。

山頂からの大展望
b01
山頂からは木曽三川や濃尾平野、伊勢湾を眼下に見ることができ、知多・渥美方面、アルプスなど感動的な眺めが広がります。この日は名古屋市内の高層ビル群も確認できました。
帰路は往路を戻ります。

(2013年2月末調査)

(参考タイム)
養老鉄道多度駅~(20分)~多度大社~(10分)~愛宕神社~(50分)~多度山頂~(40分)~愛宕神社

  • 多度山は四季を通じて歩けます。迷いやすい分岐はなく、登山者が多く、整備されている安全なコースですが、天気の急変や道の崩壊・積雪など予測不能の事態も考えられますので、自己責任において行動してください。もしも迷ったかなと思われた場合は、無理をせず引き返すのが賢明です。


Facebookページへの
やTwitterアカウントの
RSSリーダーの登録もよろしくお願いします。

関連する記事
YOLP紀行 冬の低山ハイキング ~ 三重県松阪編
YOLP紀行 冬の低山ハイキング ~ 名古屋市内編
YOLP紀行 冬の低山ハイキング ~ 北近江編
YOLP紀行 冬の低山ハイキング ~ 養老・大垣編

グーグルリーダーに登録  Subscribe with livedoor Reader

Yahoo!地図アプリ iPhone版/Android版(無料)
Yahoo!地図ブログ
本文はここまでです このページの先頭へ