現在位置: トップ > YOLP公式ブログ > Tips > シリーズくま次郎 第2回 くま次郎の憂鬱 ~ ID取った! 地図が出た!

ここから本文です

シリーズくま次郎 第2回 くま次郎の憂鬱 ~ ID取った! 地図が出た!

[Tips]  2013年3月7日
え~、YOLPをご利用の皆さま、一週間ぶりです。
スタッフの方に誘われてやってきた、ゲストのくま次郎です。

前回はヤフー地図のボタンで地図を貼るところまで挑戦しました。今回はついにこのYahoo! Open Local PlatformでアプリケーションIDを取っちゃったりするお話です。
題して「くま次郎の憂鬱 ~ ID取った!地図が出た!」

「はじめに」から始めよう

最初はもちろんこのタブから。
「はじめに」

「ようこそ!」という歓迎メッセージに続いて「さっそくYOLPを使ってみよう」に進みます。


ここに燦然と輝く「簡単な手続き」の文字! ホントに簡単なんでしょうね? とつぶやきながら、ステップ1の利用条件の確認へ。
何ページも書いてあったりしたら面倒だなぁ。
ところが幸いPC画面1ページに収まる量。これならちゃんと目を通せます。

続いてステップ2のYahoo! JAPAN IDを取得。

はい、大丈夫。もう持ってますよ~。


ぬぬっ! どうやら、Yahoo! JAPAN ID とは別の専用IDが要りそうです。その下には「YOLPの提供するAPI・SDKを使用することはできません。」の赤い文字。
赤鬼が門の前で金棒つかんで立ちはだかっているわけで、こりゃどう逆らっても必要みたい。仕方なく「アプリケーションIDの登録」へ進みます。
はぁ・・・ちょっと憂鬱。
でも、その下にちらっと見える「手続きは完了です」の文字。よーし! 頑張るぞー! 

「アプリケーションIDの登録」をポチっとな。

アプリケーションIDを登録


わー! いきなりきましたよ、大きな壁! 
  とてもいじわるな質問)Web APIを利用する場所を選びなさい。
             選択肢1:サーバーサイド
             選択肢2:クライアントサイド

いきなり初級者の私には難解な選択肢。あたりかはずれか、YesかNoか、さてさて運命の分かれ道。
「※テキスト解析APIや地図APIなど公開情報を扱うWeb APIはどちらを選択しても利用できます。」と書いてあるのでどちらでもいいみたいだけど、ちょっと調べてみたところクライアントサイドというのはどうやらスマホアプリの開発が主になるようです。
ってことでホームページに地図を載せる私の場合は「サーバーサイド」に決定。


次はアプリケーションの基本情報の登録ですか~。
でもまぁ、ここは簡単。Yahoo! JAPAN ID は分かっているし、連絡先メールアドレス も入力するだけ、アプリケーション名 も・・・え!?  アプリケーション名!? 

いや、その・・・そんな本格的にアプリケーションなんてことは毛頭考えていないんですが・・・とほほ。
(このまま家に帰って冬眠してしまおっかなぁ~)
なんて思いも頭をよぎったのですが、ここはひとつ勇気を振り絞って、自分のサイト名の「くま次郎の散歩コース」と入力。
サイトURLの欄にはそのサイトのアドレスを入力。

さぁ、これでYahooに正式に宣言してしまいました。自らの正体をさらけ出し、戦いを挑んでしまったわけです。もうあとには引けません。勇敢な私。ずいぶん汗かいちゃいましたよ、ふぅ~。

「アプリケーションの説明」と「利用するスコープ」はあとからでも変更できるようなのでそのまま。
ガイドラインに同意するとさきほど入力した情報の確認画面。さぁ、いよいよID入手の瞬間です! 

では、登録ボタンをポチっと! 
「登録が完了し、アプリケーションIDおよびシークレットが発行されました。」という画面に切り替わり、

アプリケーションIDの正体

えーー!?  なんだなんだ? この長いアルファベットと数字の羅列。これがアプリケーションID? 
てっきりもっとすっきりと、kumajiro12345 なんて感じのかと思ってましたよ。画面の右まで行って折り返しているじゃないですかぁ。これは絶対覚えることムリ。メモしなきゃ・・・あたふた・・・あたふた・・・。
そしてここで、くま次郎の大失敗。
慌てふためいて、思わずブラウザの×ボタンを押してしまい、大切なアプリケーションIDがどこかにいってしまいましたよ、とほほ。。。

アプリケーションIDとの再会

ああ・・・苦労して手に入れた私のアプリケーションID。いったいどこ行っちゃったろう? でもそんな困った時はヘルプを見よう。
右上のヘルプボタンを押して調べてみたら・・・ はい、あったありました。

ヘルプの説明に書いてある通りデベロッパーネットワークのトップページ左にある[アプリケーションIDの管理]をクリックすると、登録しているアプリケーションIDを一覧で確認できました。

地図を表示してみよう

アプリケーションIDも手に入れたことだし、これでやっと地図を表示することができるー!


基本的な使い方~一番シンプルな地図の表示

ここに書いてあるコードをまるっとコピーして、自分のPCの新規テキストファイルにペースト、【アプリケーションID】の部分を取得した自分のIDに置き換えて、HTMLファイルとして記述しブラウザで表示してみると・・・


おおー! 出たー! 地図だー! 
でも場所が東京ミッドタウン・・・。

次回予告

次回のくま次郎は、表示する場所や地図のサイズを変えようと奮闘します。
シリーズ第3回「くま次郎の奮闘」お楽しみに。

Facebookページへの
やTwitterアカウントの
RSSリーダーの登録もよろしくお願いします。

前回の記事


グーグルリーダーに登録  Subscribe with livedoor Reader

Yahoo!地図アプリ iPhone版/Android版(無料)
Yahoo!地図ブログ
本文はここまでです このページの先頭へ