現在位置: トップ > YOLP公式ブログ > 地図 > この春神奈川で圏央道が続々開通! YOLP道路担当スタッフの知られざる苦悩 - YOLP通信(2013/3/15発表)

ここから本文です

この春神奈川で圏央道が続々開通! YOLP道路担当スタッフの知られざる苦悩 - YOLP通信(2013/3/15発表)

[地図]  2013年3月15日
いつもYahoo! Open Local Platform(YOLP)をご利用いただき、ありがとうございます。地図編集チームの齊藤です。
本日は開通間近の首都圏中央連絡自動車道(圏央道)についてご紹介します。

相模原や多摩地区から東名へのアクセスが便利に! 

圏央道の海老名IC~相模原愛川IC間が3月30日に開通します。今回の開通により、東名高速道路から一般道を使うことなく相模原市までアクセスできるようになります。またこの地域には南北を結ぶ幹線道路が少なく、周辺道路の渋滞が慢性化していました。この渋滞緩和にも大きな役割を果たすと期待されています。

海老名IC~相模原愛川IC (クリックすると地図にジャンプします)


さらに、南側の茅ヶ崎JCT~寒川北IC間も4月14日に開通します。こちらは約1ヶ月後の開通になりますが、地図は少し先取って更新されています!

茅ヶ崎JCT~寒川北IC (クリックすると地図にジャンプします)


神奈川県内の圏央道は、将来的に湾岸地域から東名高速道路、中央自動車道へとつながり、首都圏の大動脈となる非常に重要な道路です。全線開通は平成27年度の予定です。

道路の上下を見分ける

私たちは地図更新に向けて、その数ヶ月前から準備を進めています。インターネットの地図更新というと、なんとなくデジタルなイメージが湧きますが、実は人の手がかかるアナログな一面ももっています。今回のような道路の調査もその一つ。関連する資料を1つ1つ調べ、取り寄せた工事用の平面図を専用ツールに取り込みなぞるようにしながら道路を描き加えていきます。

この作業のなかでも特に苦労するのが「道路の上下関係」の判断です。建設中の写真や完成後のイメージ図から簡単に分かるときもありますが、それらがない場合は工事用の図面を読み解いて推測します。こちらの図はその一例です。

b01 b01
 図1: 「盛り土表現」 ・・・ 赤丸の中にある四角形の下側に線が付いているので、これは北側の道(側道) より 南側の道(本線) の方が高いことを示しています
 図2: 「橋表現」 ・・・ 赤丸の中は橋脚です

それでも道路の上下が分からないときは、航空写真でわずかに写る道路や橋の影を参考にすることもあります。

デジタル地図作成でもFAXは偉大! 

しかしそれだけ色々なものを見ても判断がつかないこともあります。こんなときは道路を作っている機関に直接電話です!今回開通の「圏央厚木IC」も判断がつかなかった箇所のひとつです。

このICは本線と導入路が交差する部分が3箇所あり、手元にある資料だけではその上下を正確に判断することができませんでした。そこで、工事を担当する機関に電話で問い合わせることにしました。質問内容を確実に伝えられるよう、作成中の地図を印刷してFAXで送ります。

実際に送ったものがこちら 見づらい箇所は大きく図で示しすようにしています
b01

質問した3箇所のうち、1箇所はこちらで推測した上下が逆だったことが分かりました。いただいた回答をもとに原稿を修正しました。 このようにして出来上がったものがこちらです


立体交差の多い道路は、実生活では大変便利なのですが、地図を作る上ではほんとうに苦労させられる道路なのでした。地図で道路を見るときには、このような道路の上下をちょっとだけ気にして見て頂けると嬉しいです。

YOLPへのご感想やご意見などはFacebookページTwitterアカウント宛に投稿ください。
Facebookページへの
やTwitterアカウントの
RSSリーダーの登録もよろしくお願いします。
グーグルリーダーに登録  Subscribe with livedoor Reader  My Yahoo!に追加


~これまでのYOLP通信はこちら~
東急東横線⇔副都心線が相互直通運転開始! その裏でヤフーの地図がやったこと - YOLP通信(2013/3/11発表)
南ぬ島に飛び立とう! 3月7日、新石垣空港開港 - YOLP通信(2013/3/4発表)
八景島に行ったら絶対はずせない新名所「うみファーム」オープン!- YOLP通信(2013/2/25発表)
Yahoo!地図アプリ iPhone版/Android版(無料)
Yahoo!地図ブログ
本文はここまでです このページの先頭へ