現在位置: トップ > YOLP公式ブログ > 地図 > 梅雨の晴れ間に南宮山ハイキング- YOLP紀行

ここから本文です

梅雨の晴れ間に南宮山ハイキング- YOLP紀行

[地図]  2013年6月14日
いつもYahoo! Open Local Platform(YOLP)をご利用いただき、ありがとうございます。地図編集チームの近藤です。
梅雨に入りジメジメした季節になりましたが、今回は爽快な景色を眺めることができる岐阜県垂井町の南宮山をご紹介します。

美濃の国一宮・南宮大社から南宮山に登る

南宮山(なんぐうさん)(岐阜県垂井町)
b01
南北から山地がせまっていて、天下分け目の合戦で有名な関ヶ原がありますが、その東部に独立峰の南宮山があります。山麓には美濃の国一宮と称する南宮大社が鎮座しており、セットでハイキングが楽しめます。

南宮山付近の地図(クリックすると地図にジャンプします)

JR東海道本線垂井駅で下車して駅西側の県道を南進し、国道21号を横切り更に車道を歩いていくと南宮大社に着きます。車の場合は大社前の駐車場に停めます。

参道のつつじの花
b01
まず南宮大社に参拝してから出発します。門前の参道脇にはつつじの鮮やかな花が咲いていました。

美濃の国一宮・南宮大社
b01
南宮大社は鉱山の神である金山彦命を祭神とした由緒ある神社です。全国の鉱山や金属業の総本宮として深く信仰され、また境内には国の重要文化財に指定されている社殿や石橋などが数多く残されています。 参拝を済ませて大社の南側の道を少し歩くと南宮山への登山道が始まります。植林地の整備された階段の登りが続きますが、中腹にはベンチもありますので休憩もできます。

整備された登山道
b01
この周辺はとても鹿が多く生息していて、運がよければ鹿を間近で見ることができます。しばらく尾根上の道を進み小ピークを巻くと、まもなく南宮山の展望台です。
この展望台は関が原合戦の折に西軍に加担した毛利秀元陣跡ということで、ここからは眼下に濃尾平野をはじめ、養老山系、奥美濃の山々など感動的な眺めが得られます。

南宮山の展望台(毛利秀元陣跡)
b01
帰路は途中にある神社先の分岐を左に取ります。階段での下りが続く沿道は、椿が群生しており春先には清楚な赤い花が見られます。
やがて登山口に着くと南宮大社までわずかな距離です。

おみやげ

b01
下山後は、南宮山東麓にある御菓子つちや(外部リンク)の工場直売店に寄りました。つちやは大垣の老舗和菓子店で、柿羊羹がたいへん有名です。工場のすぐ隣のお店とあって、ここでは作りたてのお菓子を味うことができます。どのお菓子を買おうかと目移りしてしまいましたが、いくつか購入し、仲間たちと美味しくいただきました。

  • 南宮山は迷いやすい分岐は無く、登山者が多く、整備されている安全なコースですが、天気の急変や道の崩壊など予測不能の事態も考えられますので、自己責任において行動してください。もしも迷ったかなと思われた場合は、無理をせず引き返すのが賢明です。
  • 南宮山の頂上はここで紹介した展望台から尾根上西へ約1kmのところにありますが、今回は眺めの良い展望台をご紹介させていただきました。

(2013年5月調査)

YOLPからのお知らせ

YOLPブログをスタートさせてから約1年。
これまで地図に関する楽しい情報や豆知識、話題スポットのオープン情報、スタッフが自らの足で訪れた紀行、新しい地図サービスの紹介など、さまざまな地図情報をお届けしてきました。

このたび、これらの地図情報を新しくスタートする『Yahoo!地図ブログ』でお伝えしていくことになりました!

b01

『Yahoo!地図ブログ』は、ただいま公開に向けて絶賛準備中です!
公開されましたら、改めてこのブログでお知らせします。
みなさまどうぞお楽しみに!!


YOLPへのご感想やご意見などはFacebookページTwitterアカウント宛に投稿ください。
Facebookページへの
やTwitterアカウントの
RSSリーダーの登録もよろしくお願いします。
グーグルリーダーに登録  Subscribe with livedoor Reader  My Yahoo!に追加

おすすめの記事


Yahoo!地図アプリ iPhone版/Android版(無料)
Yahoo!地図ブログ
本文はここまでです このページの先頭へ